抜け毛予防・対策

抜け毛を予防するためには正しいヘアケア方法を覚えておくことが大切ですが、正しいヘアケアとは一体どんな方法なのでしょうか。
大半の方がいいと思っているヘアケアも、実は間違ったヘアケアであることがありますので、この機会に正しいヘアケア方法を覚えておくといいでしょう。

抜け毛予防・対策

 

何故抜け毛が起こるのでしょうか?

近年は男女問わず・また若い年代の方にも抜け毛に悩む方が増えたように思えます。
抜け毛の原因についてまとめてみました。

 

遺伝要素について

男性型脱毛症の症状は、抜け毛に関すると見られる遺伝子が発見されたからです。
抜け毛体質である人は、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に異変がある、そう言うことが分かっています。

男性型脱毛症の遺伝する要素は2つあります。
それが5αリダクターゼという酵素で男性ホルモンがより強化されることと、強力な男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化すると抜け毛が酷くなるということです。

 

男性ホルモンと抜け毛の関係

男性ホルモンの一種であるテストステロンというものは皮脂分泌や毛母細胞の分裂に役立ちますが、5αリダクターゼという酵素に活性化されることにより、より強力な男性ホルモンを作ってしまいます。

その結果、ジヒドロテストステロンに変化した男性ホルモンが皮脂を過剰分泌させたり、毛髪のたんぱく質合成を阻害するなどして頭皮に悪影響を及ぼすのです。

男性ホルモンの影響をダイレクトに受けてしまうのが頭頂部、そしておでこの上になります。
男性の薄毛や抜け毛が始まるのは前頭部や頭頂部からになるのはこのためです。

 

食生活の影響はあるの?

ライフスタイルの中でも特に抜け毛の原因となっているのが食生活の乱れと言われています。
ファストフードやインスタント食品、コンビニの弁当で済ませる一人暮らしの男性も多いようですね。
しかしこのような食生活は便利であるが故、カロリーは高く、動物性脂質が多く含有されるものが殆どで、栄養バランスの偏りを招きます。

このような食生活を乱す習慣を続けていると、体に良くないばかりか髪の毛にとっても栄養バランスがよくありません。
極端に塩辛い魚、動物性脂肪などは特に髪の毛にはよくないと言われています。
高血圧や動脈効果を引き起こして老化を早めるばかりか、抜け毛が酷くなる原因になってしまうのです。

またアルコールは適度に摂取する分には問題ないと言われていますが、過剰に飲むと血管が拡張され、血液循環が悪くなります。
飲みすぎると肝臓に影響を与え、発毛に必要な細胞を作れなくなってしまいます。

 

生活習慣にも抜け毛の影響があった?

生活習慣の乱れにより抜け毛が進行する人は非常に多いと言います。
日々のストレスもこの生活習慣に含まれますから、より注意が必要です。

日ごろから夜更かしをしている、昼夜逆転の生活などは交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまいますから、髪の毛の成長を妨げることとなってしまうのです。

肉体や精神的な負担は仕事上でも付きまといます。
肉体的な疲労はぐっすり眠ってしっかり取り、トリートメントなどをして簡単に取ることができます。
ただ、精神的な負担を取り除くにはとても難しいと言われています。

さらに免疫力が異常に働いてしまうと精神的なストレス、喫煙や不規則な生活習慣など様々なものによって抜け毛に影響があるのです。

 

短期間の睡眠は抜け毛に影響がある?

髪の毛は昼間多くの刺激にさらされています。
日光の紫外線をはじめ、ほこりや温度、湿度の差などによって影響を受けています。
ですから髪の毛を回復させるためには適度な睡眠が必要不可欠なんですよ。

髪の毛の成長には成長ホルモンというものの働きが非常に重要となります。
成長ホルモンは髪の毛を作っている80%から90%のたんぱく質の合成を高めることが出来ます。

コシやハリのある髪の毛をつくるためには多くの睡眠を必要とします。
成長ホルモンが分泌されている副交感神経が働いている間に、毛髪は成長しますから、夜の10時から深夜2時までの間には質の良い睡眠をとっておくべきでしょう。
一番髪の毛が生えやすい時間帯だと言えます。

毎日は難しくとも、少なくとも日付が変わる前にはベッドに入っておきたいものですね。

 

女性の抜け毛の特徴とは一体?

女性でも昨今では抜け毛が酷くなる一方だ、という人は多いようですね。
男性ホルモンの栄養をそれほど受けていない女性でも、何故そのような抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

女性に多いのはびまん性脱毛症と言うものがあります。
細くなった髪の毛、分け目のボリュームが減る、髪の毛が全体的にボリュームダウンしてしまうのが特徴と言えますね。

何故女性でも抜け毛が起きてしまうのでしょうか。
理由の内の1つにストレスがあります。
仕事、人間関係で生理不順になったことはありませんか?

それと同時にダイエットなどによって生理不順になったことがある女性なら分かるように、過度なストレスや食事制限は頭皮の老化を進めてしまうのです。

 

抜け毛予防の対策について

では抜け毛を抑えるためにはどうしたら良いでしょうか?
ここでは対策方法を並べてみました。

 

食生活の改善で抜け毛予防

バランスの取れた食事が、最も髪の毛に良い影響を与えてくれます。
ではどのような食事が抜け毛を予防するのに適しているのでしょうか?

抜け毛予防に最適な食事と言えば、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに生成されないような食事を行うことです。
そこでその生成を防ぐ食事をすることで抜け毛予防をすることが可能です。

例えば大豆イソフラボンや亜鉛などが代表格となります。
納豆は大豆イソフラボンと亜鉛両方を含んだ食べ物ですから、健康にも良い影響をもたらしてくれる納豆などは毎日でも食べたいものです。
もし納豆が難しいという人には豆腐などはお勧めですから、冷ややっこや湯豆腐などは最適ですね。

また髪の毛の元であるケラチンは質の良いアミノ酸を含むたんぱく質から出来ていますから、肉や魚、乳製品もしっかり摂りましょう。
血行促進するためにはビタミンAやE、P、新陳代謝を高めるには玄米やマグロなどがあります。

これらを踏まえると、昔ながらの和食メニューが抜け毛に良いということが分かります。
魚を中心に、豆腐の入ったお味噌汁や亜鉛を手軽に摂れる黒ゴマを玄米ご飯にかける、もしくは納豆ご飯にする、副菜に煮豆をつけるなどが最適な抜け毛予防の食事だと言えますね。

 

嗜好品を制限して抜け毛を防止しましょう

抜け毛対策に良い食事をしていても、抜け毛を促進してしまう嗜好品を摂ってしまうと、それも台無しになってしまいます。
髪の毛に悪影響な嗜好品とは一体何があるのでしょうか。

まず塩分の多い食べ物は、血液の流れを悪くさせますから、頭皮への血流を悪化させます。
さらに糖分の多い食べ物も、頭皮の皮脂が過剰分泌されます。
お菓子やジュース、炭酸飲料などは控えるようにしましょう。

また刺激物は血流を良くする働きがありますが、同時に汗も大量にかいてしまいます。
すると頭皮の毛穴が詰まる原因になり抜け毛の原因になります。
カレーやコーヒー、キムチなどの辛い食べ物には要注意でしょう。

 

アルコールも控えたほうが賢明です

肝臓に負担をかけるアルコールは血行不良を起こします。

たんぱく質は肝臓で作られるため、肝臓に負担をかけると質の良いたんぱく質を作ることが出来ず、すなわち髪の毛の元が作られなくなります。
多少の飲酒は良いにしても、過剰な飲酒は控えるようにしましょう。

 

タバコは百害あって一利なし

また嗜好品の代表的なものとしてタバコがありますが、このタバコは血管を委縮させることが分かっています。
タバコに含まれるニコチンが血液循環を悪くさせてしまいます。

すると頭皮への血流も悪くなり、必要な栄養素が届きにくくなります。
つまり抜け毛予防とは全く逆になってしまうのです。
出来れば禁煙する、もしくは本数を減らすことが望ましいでしょう。

 

良質な睡眠をとること

質の良い睡眠は抜け毛改善に繋がると考えられています。

睡眠によって人間の体は成長ホルモンが分泌され、それによって毛髪も成長していきます。
毛母細胞が最も活発な時間帯、そして成長ホルモンが最も分泌されている時間帯が重なることで、髪の毛が成長することが分かっています。

この2つが重なった時間帯が髪の毛にとってのゴールデンタイムと言えるでしょう。

毛母細胞が最も活発化する時間帯は夜の10時から深夜2時で、成長ホルモンは夜中の1時から深夜2時に最も分泌されやすいと言われています。

成長ホルモンは眠りについてからおよそ30分後に分泌され、その後3時間は分泌されやすいと言いますから、抜け毛防止のためにも夜10時から深夜2時にかけてぐっすり眠っておく必要がありますね。

 

規則正しい生活習慣

生活習慣の乱れによって抜け毛が増進している人も多いようですね。
ではどんな生活習慣を送れば抜け毛対策になるのでしょうか。

まず正しい食生活が基本です。
バランスの取れた食事をしましょう。
特にたんぱく質や亜鉛、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ食生活が基本です。

また睡眠時間がバラバラだったり、規則正しくなければ、髪の毛にはよい影響をもたらしてくれません。
睡眠は、出来れば決まった時間にとるようにしましょう。

さらにストレス発散をすることも大切ですし、そのために軽い運動を取り入れるとなお良いでしょう。
軽い運動は気持ちよいストレス発散方法の1つですから、一石二鳥です。

 

頭皮マッサージの方法

頭皮トリートメントの正しい方法をご存知でしょうか?
両手の小指以外、8本の指を使って、頭皮を手のひらで包み込むようにして頭を揉みほぐすことを頭皮トリートメントと呼びます。

方法は下から上へ、こめかみの付近から頭頂部にかけて円を描くように頭皮を動かすようにしながら行うことです。
痛気持ちいい程度が良いと思う人も多いのですが、頭皮はデリケートなので、気持ちいい程度で留めておくのが無難です。

さらに抜け毛を改善するツボも頭皮にはたくさんありますから、覚えておくと良いでしょう。
頭頂部の中心部にある百会というツボは健康のためのツボとしても有名なツボです。
頭頂部をトリートメントする際には気持ちいい程度に、ゆっくり押してみましょう。

また天柱というツボは抜け毛にも効果的だと言われています。
首筋の中央からうなじの生え際にくぼんだ部分があります。
その部分からうなじに沿って、外に指をずらすと筋肉がありますから、その外側にあるのが天柱です。
頭全体を包み込むようにしながら、親指で刺激しましょう。

このように頭皮を下から上へ、頭皮を柔らかく揉みほぐすようにしつつ、ツボを押さえながら行うのが頭皮トリートメントです。

 

ストレスを溜めないことが一番

忙しくてストレスを知らない内に溜めてしまっている人は、抜け毛になりやすいと言います。
日ごろから自分なりのストレス発散法を見つけておくことが大切です。

とは言え、どんなストレス発散法が手軽に出来るのでしょうか。

手軽なもので、入浴があります。
今時は忙しくてシャワーで済ませる人も多いようですが、ぬるめのお湯にゆっくり入ることで、副交感神経が高まり、その後の睡眠にも良い影響をもたらしてくれるんですよ。
体の芯から温まることにより血行も促進されます。

また軽い運動もストレス発散として適しています。
軽いジョギング、ウォーキングだけでもストレス発散になりますから是非取り入れてみましょう。

気分転換をすることも必要です。
忙しくて休日は寝てばかりではなく、たまには友人とお茶会をしたり、何気ない会話を楽しむだけでもストレスが発散されます。
時には愚痴をこぼしても、それだけでストレスがなくなりますから、是非試してみましょう。

 

正しいシャンプー方法とは?

日本人のほぼ100%はシャンプーをしていると言います。
しかしそのシャンプーが正しい方法で行われているかと言うと、そうでないことも事実です。
では正しいシャンプー方法とは一体どんな方法なのでしょうか。

まずバスルームに入る前に軽くブラッシングを行いましょう。
このブラッシングによって髪の毛についたほこりや汚れを落とすことが出来、さらに頭皮の皮脂を浮かせることが出来ます。

そしてシャンプーをする際にはしっかり予備洗いをすることも大切です。
地肌までしっかり濡らすことが大切です。
シャンプーは髪の毛を洗うことが目的ではなく、頭皮を洗うことが目的なので、髪の毛を濡らしても意味がありません。
頭皮までしっかりお湯を浸すことで後のシャンプーの泡立ちにも影響があります。

一番重要なポイントが、手のひらでシャンプーを先に泡立てるということです。
これが出来ていない人が殆どです。
直にシャンプー剤をつけて髪の毛を洗っている人が殆どなのですが、シャンプーは一度手のひらに取って、泡立ててから頭皮に乗せましょう。
そして頭皮トリートメントをするように、頭皮を揉み込むように洗います。
指の腹を使い、爪は立てないことが重要です。

すすぎは洗った分の2倍の時間をかけてすすぐのが良いと言われています。
すすぎ残したシャンプーは抜け毛の原因になると言われていますから、頭皮からもみあげ、襟足などすすぎ残しが出来そうな場所はしっかりすすぎましょう。

 

頭皮に良い成分のシャンプーを使いましょう

良いシャンプーを選ぶことは抜け毛防止に繋がります。

抜け毛に良いとされるシャンプーは、育毛目的のシャンプーが殆どですが、頭皮環境を整えてくれるシャンプーが適しているでしょう。
髪の毛や頭皮に優しい成分を使った低刺激のシャンプーが適しています。

不要な汚れをしっかり落としつつも、頭皮の保湿もしてくれる弱酸性のシャンプーが抜け毛防止には良いでしょう。
そのシャンプーはアミノ酸系シャンプーと呼ばれるものです。

洗浄力が強すぎると頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいますから、逆に頭皮の皮脂過剰を促してしまいます。
また頭皮が乾燥する原因にもなってしまうんですよ。
さらに頭皮が乾燥するとフケやかゆみが出てしまいますから、保湿が出来るアミノ酸系シャンプーが抜け毛予防には適切です。

 

育毛剤を使う手段もあり

育毛剤には多くの種類があります。
自分に合った育毛剤を選ばなければ、その育毛効果も期待することが出来ません。
例えば、血行不良で抜け毛があるのに、皮脂を抑制する育毛剤を使っても意味がないということです。

自分の抜け毛に見合った育毛剤を選ぶ必要があります。

ここで育毛剤の種類をあげてみましょう。
まず、皮脂の分泌を抑制するもの、血行促進や細胞の活発化を促進するもの。
そして血行不良を改善するものや髪の毛に有効な成長因子に作用するものがあります。

自分の脱毛の原因がよく分からないという人は、一度病院へ行って検査を受けてみるのも1つの手段でしょう。
その結果次第で自分に合った育毛剤を選ぶことが出来ます。
皮脂過剰分泌のせいなのか、それともAGAなのか、血行不良なのかをチェックすることが出来ます。

いずれにしても、自分に見合った育毛剤を選ぶことが、抜け毛対策への第一歩です。

 

育毛サプリメントを飲むメリットとは

ひと昔前は育毛と言えば育毛剤、というような考え方でしたが、今では育毛サプリメントと言うものもあります。
このサプリメントは体の内側から働きかけ、育毛に必要な栄養素を摂り入れるものです。

メリットとして挙げられるのは、時間や場所を問わずに摂り入れることが出来るという点でしょう。
育毛剤は朝と晩、シャンプー後など、時間が決まっているものが殆どですが、育毛サプリメントにはそのようなものがありません。
いつでもどこでも服用して構わないというメリットがあります。

また栄養不足を補う点も大きなメリットの1つでしょう。
忙しくてなかなか自炊出来ない、髪の毛に良い成分を食事から摂ることが出来ないという人にとっては育毛サプリメントは心強い味方です。

食事を見直すことは育毛にとって最適な手段ですが、それをなかなか出来ないという人にとっては育毛サプリメントは育毛サポートという点からするとより良い手段でもあります。

 

AGAに通うとどんな治療を受けられる?

AGAクリニックとは一体どんな治療を行っている場所なのでしょうか?
通常の育毛サロンとの違いは一体どこにあるのでしょう。
それは、育毛サロンでは行うことが出来ない医療行為が出来るという点が最も大きな違いです。

具体的に言えば、内服薬や外用薬の処方、点滴をしたり注射をする治療が出来る場所です。

AGAにはフィナステリドという成分に育毛効果が期待出来ることが分かっていますから、その成分を含んだプロペシアという薬をクリニックなら処方することが出来ます。

これは医師による処方箋が必要なので、AGAクリニックでしか受けられない治療行為です。

またメソセラピーという頭皮に薬を注射する治療法も行われています。

ただ、AGAクリニックは保険適応外の治療を行っている場所なので、高額な治療になる可能性も大です。

 

ヘアケア方法は一つではない

正しいヘアケア方法は抜け毛の原因さえ分かれば見つけることも簡単にできるのですが、もっとも簡単な方法として食生活と生活習慣の改善があります。
抜け毛の原因として大きいのは、食事の栄養バランスが悪いために、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していることです。

さらに脂っこい食事によって血行が悪くなれば頭皮に栄養も行き渡らなくなりますから、まずは食事の内容を改善しましょう。
それから生活習慣では睡眠不足による抜け毛が非常に多く見られますので、特に夜10時から朝2時まではしっかり眠っておくようにすることが大切です。

他にもタバコの本数を減らす、ストレスをしっかり解消するという方法がヘアケアにいいとされています。