1. TOP
  2. 抜け毛が促進する生活習慣

抜け毛が促進する生活習慣

抜け毛の基礎情報
この記事は約 5 分で読めます。

抜け毛が促進する生活習慣

普段から習慣となっている行動やリフレッシュの時間が、気づかぬうちに抜け毛を促進をしてしまう要因となってしまっていることがあります。

人間の本来の生活リズムに則った生活習慣を心がけることで、頭皮環境を始めとした様々な健康状態を見直すきっかけとなるのですよ。

主な生活習慣の種類

生活習慣とは、日常で染み付いている自分の行動パターンを指し、時にはとんでもない脱毛症にかかる引き金にもなってしまうのです。

例えば、

  • 寝不足
  • 偏食
  • 運動を全くしない
  • 毎日髪を洗わない

などが挙げられます。

これらの生活習慣は全て脱毛症のもととなり、上記に挙げた生活習慣の種類が当てはまっていればいるほど抜け毛の促進率は上昇してしまいます。

他にも、寝る時間がいつも深夜2時過ぎなことや、白米ばかり食べてしまうという生活習慣も同様に抜け毛を促進します。

反対に、

  • 早寝早起き
  • 栄養満点な食事
  • 適度な運動をする
  • 毎日時間をかけて髪の毛を洗う

といった生活習慣は非常に理想的です。

こういった要素が増えるほど脱毛症を予防出来るだけでなく、発生しやすいストレス源を減らして正常な体機能を維持することが出来ます。

どんな生活習慣が抜け毛を促進するか?

抜け毛を促進する生活習慣のうち、寝不足が最大の要因といえるでしょう。
傷んだ髪の毛の修正や新たな髪の毛の成長の為の工程は、夜22時から深夜2時にかけて行われます。

しかし、その時間帯でも就寝することなく脳が起きている状態だとずっと交感神経が活性化している状態のままになってしまうのです。

髪の毛の成長工程は、本来、夜になると交感神経に代わって活発化する副交感神経が行いますが、この働きが鈍ってしまいます。

こうなると、翌日目覚めた時には栄養が行き渡っているはずの髪の毛が、あまり良くない状態のままとなってしまうわけです。

偏食もかなり抜け毛を促進してしまいます。
髪の毛には、タンパク質に始まり、ビタミンやミネラル等様々な栄養が必要です。

この栄養が不足していると頭皮環境が乱れてしまうので、抜け毛が起こりやすくなるのです。
栄養といっても、一つの食材のみを摂り続けるのでは効果がありません。

必ずいくつかの食材をバランスよく合わせて、目安量を守って摂るのがポイントなのです。

そして、社会人生活の長い人に最もありがちなのが、運動を全くしないという生活習慣です。
運動をしないと、血流が悪くなるとともに新陳代謝もかなり下がってしまいます。

良質な髪の毛に栄養を行き届かせやすくするには、血流が良いことと新陳代謝が良いことは欠かせません。
同じ栄養価の高い食事を摂っていても、栄養の吸収率が良くなくては意味がありません。

適度な運動をして、常に血流と新陳代謝が良好な状態をつくるのが、抜け毛を抑えるコツなのです。

不規則な生活を治す方法・心構え

不規則な生活を直すには、心持ちだけでは難しい場合が多々あります。
そこで、悪しき生活習慣を元から断つような工夫が必要となります。

例えば、深夜2時を回っても起きている習慣があるという人は、自宅の照明を暖色に変えてみたり、アロマを焚くのがおすすめです。

早寝早起きをするには、夜になると必然的に眠気を誘うような空間づくりをするというのが鉄則になります。

偏食をする習慣があるのであれば、今後インスタントラーメンや食品添加物が含まれているものを極力買わないようにしましょう。

代わりに、

  • 大豆
  • 緑黄色野菜
  • 鶏ささみ肉

などを中心とした食材を購入するのです。

それらに含まれているタンパク質やビタミン、ミネラルなどが人間の体機能を良質なものへと変えていく役割を持っているのです。

不規則な生活を送ったまま歳をとった時、思わぬタイミングで脱毛症や病気にかかりやすくなります。
早期に良い生活習慣を取り入れて、自分の体内を健康に、良質に保つことを目指すのが大切です。

出来るだけ体にやさしい生活リズムで、心身ともに万全な状態でいることを意識しましょう。

生活習慣を正すと頭皮はこう変わっていく

不規則な睡眠時間や偏食、運動不足など、前述のとおりいくつかの悪しき生活習慣を取り挙げてきました。
これらはすべて頭皮にダメージを与えるような習慣ばかりなのです。

まず、寝不足な不規則な睡眠時間は、頭皮環境を整える為に必要な副交感神経の働きを鈍らせます。
偏食は、髪の毛に必要な栄養素が不十分となり、抜け毛を促進させてしまいます。

そして、運動不足は血流や新陳代謝が悪くなってしまうので、同様に摂取した栄養素が髪の毛に行き届かなくなり、抜け毛の要因となります。

このように、上記のような生活習慣は頭皮環境に多大なるダメージを与えてしまうので、生活習慣を正す必要があるのです。

良質な睡眠と食事を摂り、適度な運動をするだけで頭皮環境はガラリと変わります。
ダメージを受けた頭皮環境を副交感神経が修正し、栄養満点の食事を摂ることにより良質な栄養素を髪の毛が吸収します。

そして、適度な運動をすることによって、血流が良くなるので髪の毛の栄養吸収率が格段に良くなるのです。

少しの努力が良質な頭皮環境を形成していくのです。
意識の高い生活習慣を取り入れて、健康な体機能を維持していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

contributor-1

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    髪の悩みが9割解消する 頭ツボ

  • NO IMAGE

    頭皮ストレスをなくすと髪がどんどん増えてくる

  • NO IMAGE

    薄毛の科学

  • NO IMAGE

    読むだけで髪が生える ふえる100のコツ 決定版

関連記事

  • 髪の毛の生えるメカニズム

  • 髪の毛の生える心構えを知っておこう!

  • 遺伝と抜け毛の関係について

  • 抜け毛とストレスの関係は?

  • 運動・ダイエットと抜け毛の関係

  • ホルモンとの関係性はどう関係している?