1. TOP
  2. 睡眠と抜け毛の関係

睡眠と抜け毛の関係

抜け毛の基礎情報
この記事は約 5 分で読めます。

睡眠と抜け毛の関係

不規則な仕事による生活リズムの乱れの中で、睡眠不足は髪の毛の成長の流れを止めてしまう最も危険な行為の一つなのです。

そんな睡眠と抜け毛の関係性を徹底検証していきましょう。
十分な睡眠こそが、良質な髪の毛の生成に欠かせないのです。

睡眠と自律神経の関係

十分な睡眠をとることで、交感神経と副交感神経のバランスが良好に保たれます。
活動している際に活発化する交感神経は、夜になるにつれて副交感神経へとバトンタッチをしていきます。

しかし、夜きちんと寝ないことで、十分な睡眠を得られずにいつまで経っても副交感神経が優位に働くことが出来ません。

これによって、交感神経は必要な休息をとることが出来ずに、結果として自律神経は乱れていってしまうのです。
また、交感神経の休息が得られないことによって、血流が悪くなります。

血流が悪くなってしまうと、肩凝りや手足の冷えとむくみを引き起こし、何もしていないのに疲労感で一杯という体の状態に陥ってしまうのです。

それに加えて、ホルモンバランスを崩してしまうことによってイライラしやすく、寝付きが悪くなってしまうというような悪循環もでてきます。

良質な睡眠は、正常な自律神経の働きを促すために必要不可欠なことだといえるでしょう。

睡眠と髪の毛の成長の関係

よく、最低数時間の睡眠をとれば、体もしくは日常生活に大きな影響はないというような話を耳にします。
ですが、これは大きな間違いです。

髪の毛を含め、体のあらゆる部分の成長を促す成長ホルモンは、夜22時から2時の時間帯で最も活性化します。

つまり、その時間帯でも容赦なく活動して睡眠をとらなければ、成長ホルモンの活性化をかなり弱めてしまうのです。

成長ホルモンが活性化する4時間は、可能であれば熟睡しているのがベストでしょう。
それが難しいようでも、夜22時から2時の間で必ず就寝するように心がけることで、良質な髪の毛の成長に繋がります。

また、成長ホルモンの活性化を極限まで引き出す為にはこの夜22時から2時の時間帯に深い睡眠になっていることが重要です。
というのも、睡眠の質には浅い睡眠のレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠という2種類があります。

このノンレム睡眠の状態になると、脳みそ自体が休息を得ることが出来ます。
しっかりと成長ホルモンの活性化が促されて、翌日目覚める時間までに髪の毛を含めた体機能が非常に良好な状態に仕上がるのです。

良い睡眠をとるために

良い睡眠をとるためには、日頃から早寝早起きの習慣形成をしておくことです。
髪の毛の成長や良好な状態で体機能の安定を目指す為には、一夜漬けの努力では効果があまり期待出来ません。

夜更かしの傾向がある人は、まず部屋全体を暖色の照明に変えたり帰宅後早めに入浴をしてリラックス出来る状態に整えましょう。

また、夜遅くのパソコンやスマートフォンのブルーライトを浴びすぎは禁物です。
本来、夜になると、体を休ませる為に働く副交感神経の活動が極端に弱まってしまうので控えた方が良いのです。

また、成長ホルモンが分泌される2つのピークの時間帯を意識して早めの就寝を心がけることです。

成長ホルモンが分泌されるピークの時間帯の1つ目が、深夜1時頃です。
そしてもう一つは、眠りに入った後の1時間半から2時間ほどでやってきます。

この時間帯を考慮して、夜22時から2時の間には必ず睡眠がとれるように準備をしておきましょう。

質の良い睡眠が抜け毛予防につながる理由

まず大前提となるのが、睡眠不足は仕事や日常生活を一日送る上でかなりのストレスに繋がります。
抜け毛の理由の一つとして、ストレスというのが頻発しているのです。

ストレスを溜めこむことによって、頭皮に過剰な量の皮脂が浮き出てきたり、様々な脱毛症を併発する可能性がグッと高まります。

続いて、睡眠不足によって頭皮の血流も悪くなります。
血流が悪くなるということは、髪の毛の生成に重要な役割を担っている毛母細胞に栄養が行き届かなくなるということです。

当然、必要な栄養素がない髪の毛は育ちません。
それどころか、抜け毛の症状を早めたり悪化させてしまう要因となってしまいますので、気をつけましょう。

このようにならない為には、質の良い睡眠をとって万全なコンディションで一日を始められるように心がけることが必要です。

最後に、先述のとおり、質の良い睡眠をとることで体内の成長ホルモンの活性化が促進されます。
髪の毛の成長ホルモンといえば毛母細胞ですが、この毛母細胞の分裂が活発であればあるほど、良質な髪の毛が生成されやすくなります。

また、夜22時から2時という髪の毛の成長ホルモンである毛母細胞が最も働く時間帯に睡眠をとることが肝心です。

毛母細胞の働きとしては、髪の毛の生成を促すだけでなく、日中に髪の毛が受けたダメージを修復する効果もみられるのですよ。

質の良い睡眠が良質な髪の毛を生成する為の必須条件ですので、良質な睡眠をきちんととることで、かなりの抜け毛防止につながるのです。

ぜひ、質の良い睡眠で毛母細胞の働きを高めて、抜け毛に負けない日々を過ごしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

contributor-1

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    髪の悩みが9割解消する 頭ツボ

  • NO IMAGE

    頭皮ストレスをなくすと髪がどんどん増えてくる

  • NO IMAGE

    薄毛の科学

  • NO IMAGE

    読むだけで髪が生える ふえる100のコツ 決定版

関連記事

  • 髪の毛の生えるメカニズム

  • 運動・ダイエットと抜け毛の関係

  • ホルモンとの関係性はどう関係している?

  • 抜け毛が促進する生活習慣

  • 食生活と抜け毛の関係

  • 髪の毛の生える心構えを知っておこう!