1. TOP
  2. 間違ったヘアケアは髪の毛の状態を悪化させる?

間違ったヘアケアは髪の毛の状態を悪化させる?

ヘアケア
この記事は約 5 分で読めます。

正しいヘアケアについて

老若男女問わず、注目しているヘアケアですが、皆さんがやっている日頃のヘアケアは大丈夫でしょうか?

正しいヘアケア方法を知らないと、後々になってようやく髪の毛にダメージを与え続けているだけだと気づくことになりますよ。

なぜヘアケアは重要なのか?

髪の毛を生成する為の頭皮環境はとても繊細で、荒れやすいのです。
日頃の生活リズムの乱れによる睡眠不足や栄養不足でも簡単に荒れてしまいます。

そこで、必要になるのがヘアケアなのです。

ヘアケアをすることによって、荒れてしまった頭皮環境を修復することや直接髪の毛を補修することが出来ます。

ヘアケアを行わない人は、薄毛や脱毛症を引き起こしやすいともいえます。
なぜなら、頭皮や髪の毛へのダメージをどんどん蓄積させてしまっている状態だからです。

定期的なヘアケアを心がけることで、正常な頭皮環境を保つことが可能になります。
また、毛穴の詰まりや細菌の繁殖等も予防し、良質な髪の毛の生成を促すことが出来るというわけです。

このように、毎日継続してヘアケアを続けることは自分の髪の毛を健やかに保っていく上でとても重要なのです。
大切な髪の毛を守るために、怠ることなくヘアケアに目を向けていくと良いでしょう。

ブラシ・クシの使い方

普段何気なく使っているヘアブラシやクシも、きちんとした正しい使い方があるのです。
同時に、やってはいけない使い方が2つあります。

買ったばかりのブラシをそのまま使わない

まず、買ったばかりのブラシをそのまま使うことです。
新品であればあるほど、ブラシの先端は堅く、そのままの状態で使ってしまうと頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

あらかじめ、タオルや不要な布などでブラシをこすって表面が柔らかくなったのを確認してから使いましょう。

絡まっている髪の毛を強引に引っ張らない

次に、絡まっている髪の毛をブラシやクシで強引に引っ張るのは絶対にやめましょう。
これは髪の毛が長い人に多くみられる例ですが、無理やり髪の毛を引っ張ると毛根が弱くなり抜け毛のもとです。

それに加えて、絡まった箇所が修復不可能なくらい傷んでしまいますので、傷んだ箇所を切らなくてはいけなくなることも考えられます。

髪の毛をとかす際には、柔らかくなっている毛質のブラシでゆっくりと頭皮をとかしましょう。
毛先をとかす際は、事前にトリートメントオイルなどで髪の毛の絡まりを解消してからが良いかもしれません。

また、クシを使う際は木製のものが望ましいです。
プラスチックなど硬い素材のものだと頭皮を傷める可能性がありますので控えた方が良いかと思いますよ。

外出時のヘアケア対策について

外には、紫外線や細菌、埃など様々な髪の毛の天敵が存在します。
特に何もせずに外出してしまうと、頭皮環境も髪の毛も大変傷んでしまう要因になりかねません。

おすすめは、髪の毛や頭皮環境を保護する為のトリートメントを事前に塗布しておくことです。

洗い流さなくて良く、クリーミーなタイプのヘアトリートメントがありますのでそれが最も潤いを逃がさず保護力が高いです。

携帯出来るサイズで販売されているものが多いのも特徴なので、数時間置きにこまめに塗布しておくと効果的です。

また、髪の毛専用につくられたUVカットスプレーも有効です。
紫外線は、晴れた日じゃなくても放出されています。

場合によっては、曇りなのに紫外線の放出量が多いという日だってあるのです。
そこで、出かける前にUVカットスプレーを髪の毛や頭皮全体に噴射しておくことで紫外線ダメージを防いでくれます。

紫外線をカットする成分は、一定の時間が経つと消えてしまうので、こちらも携帯用を持ち歩き、数時間置きに噴射するようにしましょう。

このように、外出先でも頭皮や髪の毛にダメージを与える要因は多数存在します。
それらの要因から頭皮や髪の毛を保護する為に、外出時のヘアケアは必要不可欠といえるでしょう。

多様なシーンでのヘアケアが美髪をつくる源となる

健やかな頭皮環境を土台として、良質な髪の毛が生成されていきます。

逆に、頭皮環境が荒れてしまえば、髪の毛の質も悪化してしまうのです。

頭皮環境が損なわれる要因は、自宅内外を問わずに存在します。
要因は、生活リズムの乱れや紫外線の放出、細菌の繁殖など実に様々です。

そこで、多様なシーンにわたってヘアケアを怠ることなくやっていくことがとても重要になります。
ヘアケアは、頭皮環境を正常に保ち、良質な髪の毛を守る為に行うのです。

自宅でのケア、外出先でのケアと種類は豊富にありますが、どれも習慣化しやすいヘアケア方法です。
普段使っているヘアブラシやクシを正しく使うことと、外出する際もヘアトリートメントやUVカットスプレーを持ち歩きましょう。

出来れば、毎日ヘアケアを継続した方が良いです。
特に、先述したヘアケアに関しては、日常的に頭皮や髪の毛と密接に関わっている事柄です。

少しの注意が、抜け毛や薄毛、数々の頭皮トラブルを予防してくれる対策となり得るのですから、是非手を抜かずに取り組んでいきましょう。

多様なシーンでのヘアケアを怠らないことが、美髪をつくる源となるのですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

contributor-1

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    髪の悩みが9割解消する 頭ツボ

  • NO IMAGE

    頭皮ストレスをなくすと髪がどんどん増えてくる

  • NO IMAGE

    薄毛の科学

  • NO IMAGE

    読むだけで髪が生える ふえる100のコツ 決定版

関連記事

  • パーマやカラーリングと抜け毛の関係

  • シャンプーの正しい方法を知っておこう

  • お風呂上りのドライヤー&過ごし方

  • 界面活性剤とは?

  • ヘアマッサージのコツ

  • ヘアサイクルって知ってる?