1. TOP
  2. 界面活性剤とは?

界面活性剤とは?

ヘアケア
この記事は約 5 分で読めます。

界面活性剤とは?

言葉こそ聞いたことがあっても、界面活性剤が一体どのようなものなのかを理解している人は少ないでしょう。

すぐにピンとはこない界面活性剤ですが、実は日頃からかなり使用していることと思いますので、ぜひ知っておきたいキーワードです。

界面活性剤とは

界面活性剤とは、普段交わり得ない物と物を融合させるための成分といえます。
例えば、水と油のように、決して融合することのない成分の組み合わせというのが多数存在します。

それらの組み合わせを、なんらかの効果を発揮する為に融合させる役割を果たすのが界面活性剤なのです。

主な役割としては、4種類ほどの役割を持っています。

乳化・分散

まず1つ目に、乳化・分散の効果が挙げられます。
これは、先述のとおり、通常は混ざりあうことのない物と物を融合する為の効果です。

湿潤・浸透

続いて2つ目に、湿潤・浸透にも非常に役立っています。
物に付着した水の表面張力を弱くし、水分の吸収を促進させるのです。

泡起こし・泡消し

そして3つ目に、泡起こし・泡消しの効果をもたらします。
水中で起こる泡立ちは、時間の経過とともに消えていきますが、この泡立ちを持続させたりもともと泡立たないようにすることを指します。

洗浄

最後の4つ目は、洗浄効果です。
これは、界面活性剤を含まない成分では落ちにくい汚れなどに大変効果的なのです。

このように、界面活性剤は日々の暮らしの中で様々な効果をもたらします。
私たちの生活は界面活性剤のサポートありきで成り立っているといっても過言ではないでしょう。

特に使われる界面活性剤の種類(3つほど)

界面活性剤の主な種類の中に、アニオン界面活性剤やイオン性界面活性剤、ノニオン界面活性剤などがあります。

アニオン界面活性剤

アニオン界面活性剤は、陰イオン界面活性剤とも呼ばれ、水に溶けて電離する際に親水基が陰性であるマイナスの電気を帯びる性質があります。

私たちの暮らしの中では、石鹸をはじめとした食器用洗剤や洗濯洗剤などの洗浄成分に多く含まれています。

アニオン界面活性剤が含まれない洗浄成分だと、洗浄時に黄ばみが残ってしまうので見た目にもあまり良くありません。
それを防ぎ、利用されやすい加工をする上で欠かせない界面活性剤の代表格なのです。

イオン性界面活性剤

イオン性界面活性剤は、水に溶けて電離する際にイオンに変化します。
ラウリル硫酸Naという成分がこれを多く含み、市販で売られている育毛剤に配合されています。

また、レシチンもイオン性界面活性剤を含み、同じく育毛剤の中に配合されています。
各種育毛剤の中に含まれている界面活性剤はイオン性のものが多いようです。

ノニオン界面活性剤

ノニオン界面活性剤は、水に溶けて電離する際に親水基がマイナスにもプラスにも働きません。
その為、他の界面活性剤と比べて組み合わせの自由度が高く、乳可剤や増粘剤、可溶化剤として幅広く対応しています。

代表例としては、化粧品づくりによく使われています。
特に、ノニオン界面活性剤の中のショ糖脂肪酸エステルという成分が化粧品づくりに適しています。

ショ糖とは砂糖の1種で、親水性が強いことから幅広い合成を可能としています。
また、ショ糖脂肪酸エステルは泡立ちが少なく、乳化力も高いため、乳液を容器へ移す際も重宝されているとのことです。

界面活性剤と抜け毛の関係性

界面活性剤のすべてが悪いということは決してありませんが、中には抜け毛の要因となってしまう成分が含まれていることがあります。

今、最も問題視されているのが、シャンプーや育毛剤の中に入っている界面活性剤です。

中でも、ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは、高級アルコール系の合成界面活性剤を含んでいます。

高級アルコール系の合成界面活性剤は、洗浄成分として様々なシーンで使われています。
また、安価で泡立ちやすいところも親しまれているポイントといえるでしょう。

しかし、高級アルコール系の合成界面活性剤を含んだシャンプーは、その洗浄力が強すぎてしまい、必要な皮脂までも取り去ってしまうのです。

また、ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは他の成分と比べて刺激がとても強いので要注意です。
敏感肌や乾燥肌の傾向にある人にとっては、頭皮の痒みやかぶれを引き起こす要因にもなりかねません。

いったん、諸症状の発生による頭皮トラブルが発生すると、思わぬタイミングで抜け毛が出たり、脱毛症にかかってしまうことも少なくありません。

使用の際には、必ず自分の肌質に適したものを選択する必要がありそうですね。

界面活性剤入りの育毛剤やシャンプーの現状

界面活性剤が入っているシャンプーがすべて悪いというような書き方をしている人もいるようですが、一概にそうとは言い切れません。
界面活性剤の種類も多様にあるので、人の暮らしをより便利にする働きを果たしているものも多数あります。

先述のとおり、シャンプーや育毛剤に使われている高級アルコール系の合成界面活性剤はその人の体質によってアレルギーを起こす場合もあります。

適切なシャンプーや育毛剤選びのコツとして、まずはラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naを含まないものを探してみるのも手でしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

抜け毛予防・薄毛対策のまとめサイト【抜け毛ジャパン】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

contributor-1

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    髪の悩みが9割解消する 頭ツボ

  • NO IMAGE

    頭皮ストレスをなくすと髪がどんどん増えてくる

  • NO IMAGE

    薄毛の科学

  • NO IMAGE

    読むだけで髪が生える ふえる100のコツ 決定版

関連記事

  • シャンプーの正しい方法を知っておこう

  • パーマやカラーリングと抜け毛の関係

  • ヘアサイクルって知ってる?

  • お風呂上りのドライヤー&過ごし方

  • ヘアマッサージのコツ

  • 間違ったヘアケアは髪の毛の状態を悪化させる?